顔のたるみの改善方法



顔のたるみ治療中にも有効な保湿



顔のたるみはマッサージによって治療することができます。


顔のたるみの原因はコラーゲンなどの弾力成分の減少、筋力の衰え、
また溜まった老廃物や脂肪などです。


老廃物が溜まるとむくんで脂肪がつきやすくなってしまいます。
このことによって顔のたるみが生じます。

可能性を見出す


老廃物の排出を促すリンパマッサージで治療しましょう。
治療を行う際、摩擦を軽減するためにオイルやクリームを付けましょう。


乳液でも良いと思う人もいるでしょう。
乳液はすぐに乾いて摩擦が起きます。


ですから、高い保湿力があるオイルやクリームがおすすめなのです。


治療用のクリームやジェルも登場しました。顔のたるみに対する
リンパマッサージの仕方としては、まず首筋のリンパを上から
下にかけてすりおろします。


10回くらいすりおろしましょう。それから、口角から耳へ、
頬骨の下の部分から耳へ、小鼻の横の部分から耳へ、親指でさすります。


それぞれ3回くらいさすりましょう。注意点としては
力を入れ過ぎないように注意してください。


望む

力がかかり過ぎた部分はコラーゲンが壊れたり、細胞が疲労したりしてしまいます。
力の強弱は部位によって違ってきますが、いずれにしても
力の入れ過ぎに注意してください。


首のリンパに対しては力を強めに入れましょう。ちょっと痛いくらいの力です。
また、くれぐれもリンパの流れに逆らわないようにしてください。


あまり何度もすりおろしたり、さすったりもしないようにもしてください。