顔のたるみの改善方法



効果のある食べ物



顔のたるみにはマッサージなどの外側からの治療だけでなく、
内側からの治療が大切です。


顔のたるみの原因の1つはコラーゲンやヒアルロン酸などの不足です。


これらは基礎化粧品で補充して治療することもできます。
そして、それと同時に、コラーゲンやヒアルロン酸などが含まれた食べ物で
内側から補充して治療すると効果的なのです。


例えば鶏肉の皮や牛すじにコラーゲンが豊富に含まれています。
鶏肉の皮にはヒアルロン酸もたくさん含まれています。


大豆イソフラボンなども効果的です。
納豆に豊富に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンと
同じような作用があり、それが保湿作用です。


この作用によって顔のたるみが改善されます。
また、卵殻膜という卵の白身と殻の間の膜にはコラーゲンを
増やす効果があります。殻と一緒に捨てずに食べましょう。


それから水溶性食物繊維ベータグルカンについてお話します。
この繊維の作用によってコラーゲンやヒアルロン酸が吸収されやすくなります。


さらに免疫力が向上したり、肌がきれいになったり、よく眠れるようになったりもします。
このようなベータグルカンは大麦や舞茸に豊富に含まれています。


鶏肉の皮や牛すじ、コラーゲンが豊富な食べ物と一緒に、大麦や舞茸、
ベータグルカンが含まれた食べ物を食べるようにしてください。


そうすれば顔のたるみが大きく改善するでしょう。
例えば納豆かけ麦ご飯、牛すじと舞茸の煮込みといった食事がおすすめです。