顔のたるみの改善方法



顔のたるみ治療中にも有効な保湿



年を取るにつれて、肌の弾力が衰え、たるみが出てきます。
顔のたるみは、肌自体の弾力が衰えてはりが減少し、
緩んでくることが原因になることが多いのですが、それだけではなく
肌と肌の下にある脂肪を支える筋肉が衰えてくることにより、
肌と脂肪が垂れ下がってしまうことも原因です。

不足する


顔のたるみを軽減させるために、クリニックで治療を受ける場合には、
レーザーやヒアルロン酸注入、特殊な糸を使ったリフトアップなどが人気です。


より若々しい印象を目指す人は、たるんだ皮膚の一部を切り取ったり、
皮膚を筋膜ごと引き上げるリフトアップを選ぶ場合もありますが、
メスで切ることに抵抗がある人や治療がはじめて人は、比較的
気軽に受けることができる、メスで切らないプチ整形を選ぶ傾向があります。

乾燥しない


顔のたるみの治療を受けているときには、保湿を心がけることが
とても大切です。レーザー治療は、一時的に肌の水分量が
低下することがあるため、乾燥して肌のはりが低下することがあります。


また、レーザー治療に加え、ヒアルロン酸の注入や糸を使った
リフトアップでは、肌がコラーゲンを生成することを促すために
肌細胞が十分な水分量を保って健康な状態にしておくことが、
顔のたるみを軽減して、リフトアップ効果やふっくらとした印象を
サポートするので、保湿することは重要です。


治療をしているときには、肌にやさしく刺激が少ない化粧水や
乳液を選んで使い、刺激を与えないことも重要です。